留学エージェントに頼らない!大学院留学準備【志望校の選び方】

STUDY ABROAD

大学院留学をしたいと思っても、どこに出願したらいいか悩みませんか。
学校選びの方法がわからず、留学エージェントに頼む方も少なくありません。

金銭的に余裕があり、忙しくて学校選びに時間をかけていられない状況なら、エージェントを利用した方がスムーズで快適だと思います。

ですが、エージェントも提携先に多くの学生を送りたいので、年度によって積極的に紹介する学校が異なる場合があります。また、こちらが考える手間を減らすため、厳選した学校のみを提示してくれます。一見、便利のように思えますが、カウンセリングの段階で希望する進学先のイメージが固まっていることは多くありません特徴としてどんな要素があるか分からないときに、なんとなく伝えた希望で学校選びをするのは怖くありませんか?

もし、じぶんで探すことができたら、次のような良いことがあります。

・エージェントに支払う費用が節約できる
・幅広い選択肢をみることができる
・どんな学校/コースに進みたいか、自分の希望が明確化する
・希望する理由が明確なので、志望理由書をかくのがラク
・同様に、奨学金の申請などにおいても志望理由が明確に書ける

この記事では、エージェントに頼らず学校を探す方法、選ぶ方法をご紹介します。

とみまり
とみまり

この方法で大学院を探しました。コースごとの違いが分かったので、志望理由書を書くのに悩まみませんでしたし、奨学金面接でも自信をもって志望理由を伝えられました。

こんな方におすすめの記事です
・エージェントに頼らず大学院留学したい方
・出願先(学校/コース)を探そうとしている方
・志望理由を明確にしたい方

世界の大学院情報がつまったまとめサイトを利用する

以下のような検索サイトをつかいましょう!
調べるときに英語が必要ですが、フランスやドイツなど非英語圏の情報も掲載されています。

FindMasters
Studyportals
MASTERSTUDIES

条件をつかった絞り込み

それぞれのサイトで異なりますが、条件を入力して絞り込みます。

例として、FindMasters の場合は次の6項目から絞り込めます。

①Discipline
②Location
③Institution
④Course Type
⑤Study Type
⑥Start Term

実際に試してみましょう。
①~⑥を以下のように設定し、検索します。

<検索例>
① Discipline: Biological Science, Subject: Molecular Biology
② Location: UK
③ Institution:入力なし
④ Course Type:MSc
⑤ Study Type:Full-time, On Campus
⑥Start Term: July-December

このような画面が表示され、135 のコースがヒットしたことが分かります。

これだけでは、絞り込みが足りません。

目視での絞り込み

コース名、必要であれば都市などで絞り込んでいきます。ここからはシステムが使えないので、目視で必要最低限の情報をざっとスクリーニングしていきましょう。コース名を見れば自分が学びたい分野とは少し違うものが含まれていると分かると思います。また、物価や住居費が抑えられる郊外、地方への留学を希望する場合は、都心にある学校などを除外しましょう。

各学校のホームページで詳細確認

次に、各学校のホームページにアクセスし、コースの詳細情報を確認します。
プログラムの特徴をメモしながらまとめていき、気になる学校リストを作ると便利です。

コースによって特徴となる要素は違いますが、社会科学系だと次のような要素が考えられます。

課題のスタイル… グループワークが多い、個人課題が多い
ハンズオンの経験が積めるか… インターン、フィールドワークの有無
学生の構成… 欧米からの学生が多い→高い英語レベルが求められる
卒業生のキャリア… 自分と似た志をもった人が選ぶ学校か
必要な語学要件… クリアしているか、時期的にクリアできそうか
その他、出願要件… 学士号の種類、勤務経験などを要件とする場合あり
合格率… 競争率が高いなら、滑り止めも考える

調べていて分からないことがあったら、学校に問い合わせるか、留学フェアなどで質問しましょう。

海外から学生を集めている学校であれば、ホームページ上の情報はかなり詳しく書いてあります。学校やコースごとの違いがはっきりと分かるようになるので、少し手間ですが、しっかり読むのがオススメです。

まとめている途中で、志望校や志望順位も決まってくるでしょう。

最終検討

最後は、まとめたメモなどをもとに、出願校を決めます。迷ってしまうようだったら、以下のような表にして考えるのも良いでしょう。

6つのコースを比較検討する場合

一番上の列は「XX大学OO課程」のようなコース名をいれます。一番左の行は、決断に重要だと思う要素をいれます。あとは、それぞれに評価(〇、△、X)をいれれば、全体的にどこが良さそうか分かります。

まとめ

この記事では、エージェントに頼らず大学院を探す方法・選ぶ方法をご紹介しました。まとめサイトごとにカバーしている学校が微妙に異なるので、ヌケモレを少なくしたいようだったら、3つすべてで検索をかけたほうが良いでしょう。

皆さんが、それぞれ合った学校/コースを見つけられますように、応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました